ニキビ肌改善のための基本三ヶ条(適宜変更)

  1. ニキビに必要以上に触らない
  2. ニキビを気にし過ぎない(ストレスを溜めない)
  3. 洗い過ぎない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角質崩壊記念、「お菓子の食べすぎ・暴飲暴食を禁じます」

昨日今日にかけて一気に角質が崩壊しました!
鼻~口の周りの皮脂の分泌が盛んな場所を中心に、最近荒れが引き気味だった目の周りの角質崩壊...あっ、ほとんど顔面全体だwそれに加えて、むずがゆさに毛穴から皮脂が過剰漏出した形跡、チクチクとした痛み、小さなニキビの発生などなど・・・肌がまだまだ安定していないせいか、何日に一回かはこのような大幅な肌荒れに悩まされますね~。
毎日同じようなスキンケアをしながら、このように波があるということは・・・原因はやはり食生活にありそう。

で、原因を考えてみますと、やっぱ一昨日にお菓子を食べ過ぎてるんですね。「キットカット 大人の甘さ」ですよ~。あれ、おいしいから一袋くらいペロリと食べちゃう。
暴飲暴食禁止!独断と偏見による「ニキビに良くない食べ物・飲み物」』などというエントリーをした矢先に、このような反面教師のようなことを・・・。

で、戒めを込めまして宣言したいと思います。「お菓子の食べすぎ・暴飲暴食を禁じます」
ちょっと細かく設定したいと思うのです。全く食べないというのもストレスが溜まっちゃうから。

 ① お饅頭なら1個
 ② 300円くらいのお徳用サイズのチョコレート菓子なら5枚程度
 ③ クッキーは5枚程度
 ④ ドーナツは2個程度
 ⑤ コーヒーは一日3杯程度(缶コーヒーは論外)
 ⑥ 22時以降はなるべく食べ物を口にしない


こんな感じかな?これを守っていきたいと思います。
まあ、そんな単純なものじゃないことはわかっているけど、やらないよりはマシかな?

スポンサーサイト

ニキビ肌改善のための基本三ヶ条(詳細)+α

上に書いてある「ニキビ肌改善のための基本三ヶ条」をより詳細に説明したいと思います。
今までも意識はしていたのですが、守っていたとは言い難い状況でして・・・。
心機一転、とりあえずはこの原則に沿って進めていこうというものです。
そして、それ以外のちょっとした決まりごとも書き連ねたいと思います。

基本三ヶ条

  • 一、ニキビに必要以上に触らない

    意識的にニキビに触らないということで、洗顔中に触ってしまうことやケアの時に触ってしまうのは仕方ありません。
    暇なときに鏡を見ながら雑菌だらけの汚い指先でツンツンしたりしないように!
    更に、その周辺を意識的に引っ張ったりすることも禁止です。
    口ひげの生えている所にニキビが出来たからといって鼻の下を伸ばして観察したり、アゴにニキビが出来たからといってアゴを伸ばして観察したりしないように!

  • 二、ニキビを気にし過ぎない(ストレスを溜めない)

    ストレスがニキビの原因になるということは、よく言われていることです。それが本当なのかどうかはわかりませんが、ストレスによって睡眠不足気味になったりするのはよくありませんね(絶望感に苛まれて眠れなかったことが良くあるので・・・)。
    気にし過ぎて上記のような触り過ぎな行動を起こしたりしてもダメです。
    鏡を見ると余計に気にしてしまうので、ケアの時や外出する前に見るくらいにとどめておきます。

  • 三、洗い過ぎない

    最も重要なポイントとなります。
    一体どれくらい洗うと洗い過ぎになるのか?角質を保護するという観点では、石鹸洗顔は約20~30秒の間にケリをつけることが適切だと言われています。泡の弾力を利用して「優しく丁寧に」行うことが絶対です。
    一方、日焼け止めを塗った日や何か特別な行事のある前日などは、石鹸洗顔の前にクレンジング洗顔を行わなければ正直やってられないと思うのですが、その場合も指の腹で優しく滑らせるようにマッサージし、2分以内にケリをつけるようにします。
    洗顔に関しては試行錯誤を繰り返している最中で、コレといった方策が見つかっていない状況です。いろいろと語りたいことも多いので、別のエントリーで詳細に書き留めておこうと思います。

以上が「ニキビ肌改善のための基本三ヶ条」となります。
シンプルだけど、かなり難易度は高め。全ては自制心にかかっています。

補足

  • クレンジング洗顔は週に一回程度、2分以内

    クレンジング洗顔を行うと、角栓や皮脂詰まりは落ちやすくなります。そして何より気持ちイイ☆
    しかし、そのような一時的な快楽に溺れてはダメです!
    軽いマッサージで落ちてしまうものはイイとして、指圧を強めて無理矢理押し出そうとしてはダメ!

  • 日焼け止めは極力塗らない

    紫外線対策を否定しているわけではないので悪しからず。ニキビや角栓・皮脂詰まり状態がある程度改善するまでは・・・です。
    経験上、日焼け止めを塗るとどうしようもなく汚い肌状態がより増長されてしまうだけではなく、その油脂が角栓や皮脂詰まりに吸着し、よりビッグに成長してしまうのです!
    また、クレンジング洗顔の回数も多くなってしまいますしね。
    バッチリ紫外線対策はよっぽどの時だけにして、普段は日陰を歩くように心がけたり、外出時間を短くする努力をしたりすることによって補います。

  • 保湿・保護は角質剥がれが目立つ部分のみに

    化粧水や保湿クリームの塗り過ぎは、前出の日焼け止めと同じように角栓や皮脂詰まりの成長に寄与します。
    なので、必要のない部分にまで塗ることはしません。
    あまりに角質剥がれがひどい部分はしょうがないとして、軽度の部分や全く無い部分は肌の力を信じ、何もしないことにしましょう。

  • 甘いもの(チョコレートなど)を取り過ぎない

    よく言われていることですが、経験上特に影響があるとは思いませんね~。気休め程度にしておきましょう、って感じ。
    しかし、最近少し脂肪も気になるし・・・ニキビ撲滅に乗じて量を減らしてみるのは良いことかもしれません。




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。