ニキビ肌改善のための基本三ヶ条(適宜変更)

  1. ニキビに必要以上に触らない
  2. ニキビを気にし過ぎない(ストレスを溜めない)
  3. 洗い過ぎない

大人ニキビとその原因

身内に不幸がありまして、更新が滞っております。(まあ、いつものことですけど~)
皆様も健康には気をつけてくださいね~。

というわけで、唐突にニキビネタ。
前回は思春期ニキビに関してメモしましたが、今回は“大人ニキビ”に関してメモしていきたいと思います。

で、大人ニキビとはなんぞや?っていうわけですが、大人ニキビ=(イコール)吹き出物のことなんですね。ほら、「二十歳過ぎたら吹き出物・・・」って良く言いますよね?(本当は二十歳過ぎようが過ぎまいがニキビはニキビなんですけどね)
なぜ分けて言うのか?大人になってできるニキビというのは、体調管理や肌管理がきちんと出来ていないということの現れととられ、多少ネガティブなニュアンスを含ませているのではないかと勝手に推測しているのですが、どうでしょう?
まあ、そんなことはどうでもいいのです(爆)。

話を元に戻しまして・・・(汗)、大人ニキビの原因に関して考察してみましょう。
大人ニキビは様々な要因が複雑に絡み合っていることが多いです。なのでなかなか完治しない・・・。
いくつか考えられることを挙げてみましょう。

思春期ニキビとその原因

思春期ニキビとは...青春の勲章、青春の一ページ。人生の坂道をコロコロと転げ落ちていくしかないノヴィオにとっては、切なくも甘い響き...。
今日は、思春期真っ只中の皆様にとっては非常に悩ましい肌トラブルである“思春期ニキビ”に関してメモしておこうと思います。

思春期ニキビの原因には、この時期特有のホルモンバランスという逃れられない生理現象からくる「皮脂の過剰な分泌」があげられます。これが主犯といっても過言ではない...かもしれない???

皮脂の過剰な分泌というのは、ワタクシのように大人になってからも悩まされている人間は多くいますが、それは例えば脂っこいものを食べ過ぎたり炭水化物をとり過ぎたり、日々のスキンケアの手法が不味かったり、極論を言えば体質であったりするわけです。
思春期であっても、これらのことが原因となる場合もあるでしょうが、今回はホルモンバランスとニキビの関係性が焦点なので、軽く流しておきますw

尋常性ざ瘡(ニキビ)

何日か前からやっていた“ニキビの種類”シリーズも、今回で最後?となります。
ニキビは正式名称を“尋常性ざ瘡(じんじょうせい・ざそう)”と言います。これからはそう呼びなさい!かしこく聞こえるからw
“尋常性”の意味は「普通な、ありふれた」という意味で、“ざ瘡”は「アクネ(acne)」つまりニキビを意味します。「だったら“ざ瘡”だけでいいじゃん!」と思ったのですが、そうなってるのだからしょうがない。
成人してから出来たものは“吹き出物”と言ったりします。以前も知り合いから「20歳過ぎたら“吹き出物”やから!」とツッコミを入れられましたが、そういう時は「いくつになってもニキビはニキビやから!」と言い返してやりましょうw間違えていませんから。

くだらない話はさておき...(汗)、毛穴に皮脂が詰まったそのときからニキビなのです。
その生涯をまとめてみましょう。

黄ニキビ(別称 化膿ニキビ)

さて、主なニキビの種類についてはこれでおしまいでしょうか?
黄ニキビは、別称 化膿ニキビとも言われ、ニキビの最終形態・最も重症化した状態とも言えます。
まずは、ちょっと汚いですけど、黄ニキビの写真を見てみましょう。

黄ニキビの写真
クリックするとより大きな画像で表示されます。ご注意を!

この黄ニキビの写真は「脱ワセリンはじめました☆」にて掲載していたものです。口角の下あたりに出来た、大きい部類のものです。
数ある黄ニキビ写真から厳選しました。あり過ぎて選ぶのに困りましたよw(他にもイイのがいっぱいあります。探してみてね☆)