ニキビ肌改善のための基本三ヶ条(適宜変更)

  1. ニキビに必要以上に触らない
  2. ニキビを気にし過ぎない(ストレスを溜めない)
  3. 洗い過ぎない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肌のバリア能が低下すると、ニキビはできやすくなる

今回の角質大崩壊をメンズスキンケア日誌のほうに掲載しようと思うのですが、なかなか勇気がいる画像でして・・・足踏みしておりますw
まあ、そのときのダメージは意外と早く回復してきておりますので、早めにアップしなきゃね~。
この時期は一年でも最も乾燥する時期ですから、肌断食はかなり慎重な判断の元行うべきでしょう。

2010年01月26日の膿面

ニキビはアゴを中心に出来ています。レベル的には“中”くらいでしょうか?ダメージが尾を引いているのでしょうね。快調だったオデコも少しプツプツが増えたかな?
それと、朝起きたら毛穴から血が出ていることが多い!アレ何でしょう?知らず知らずのうちに引っ掻いているのかな?長い期間(10日くらい?)リセットしてないから、皮脂詰まりが激しいんでしょうか。
肌荒れ、そして皮脂詰まりのダブルパンチですね。

スポンサーサイト

肌の乾燥は、ニキビの炎症による痛みをより増長させる

昨日今日と大変暖かかったですね。暖かいと気になるのはニキビ。頻度は少なくなってきましたが、決して出来なくなったわけではない化膿炎症痛ニキビ。口の側に出来ると、物を食べるときやアクビをしたときに痛いのでイヤです。

2010年01月21日の膿面

どうも、年末から続いていたお肌絶好調タイムは華麗に終了した模様。4、5日前から朝起きたら、髪の毛の生え際にむごたらしい角質剥がれの跡が・・・☆ほんと、この状況を見ると凹みますね~。髪の毛に角質が絡み合ってますから !(きたなぃ~☆)
スキンケアがどうこうというよりも、もはや内的な要因でしょ?完全にアトピーとかそういう感じでしょ???それは前々からわかっていたこと。往生際の悪い僕は、「どうにかがんばってスキンケアをしていたらアトピー肌も応えてくれるだろう」と思いながら、だましだましやってきました。そしてこれからもだましだましやっていきます(泣)。

でも、こうなってくると手を出してしまうのは、なぜか「肌断食」なんですねぇ。以前の結果を知っていながらなんという学習能力の低さw
多分、「暖かい時にクリームやワセリンなど保護能力が強いもので肌を覆っていると汗などの水分によって角質がふやけてしまう」と考えてしまうからなんでしょう。それと、「暖かい日に油分はNG」というステレオタイプな考え方。これはもうあと2、3回は過ちを犯さなければ直らない。
これで2日目ですが、やはり乾燥はニキビを誘発します。小さめの3箇所のニキビは、肌断食してからソッコーに出来ました。大きい化膿炎症痛ニキビは、乾燥していようが脂ぎっていようが出来ます。あと、肌が乾燥しているとニキビが痛い!

明日は例年通り寒くなるらしいので、再びワセリンべったりケアして就寝しようと思います。

肌荒れとニキビはセットでやってくる?

ついに、新年初の悪質な炎症化膿ニキビがやってきました!ほんと、突然やってきますね~。しかも二つ!

2010年01月15日の膿面

一つ目は右下のアゴ部分。一昨日髭を剃った後に赤みを発見して「くるかな~?」と思っていたら、期待を裏切ることなくやってきちゃいました。昨日の時点で鈍痛、そして指で押さえると硬さがありました。今日は、小さな膿部分が出てきました。
そして、左(口角付近)のニキビは、今日朝起きたら出来ていました。すごく痛いというわけではなく、コチラも鈍痛です。小さな膿部分もアリ。気になって気になって、朝方寝ぼけながら幾度となく触ってしまったような!?あくびをするときに気を使いますがな~。

今回のニキビなんですが、予兆のようなものがありました。それは、肌荒れを生じたことなのです。いつも言っている“角質剥がれ”のことです。
今までだったら、常に角質剥がれが起きているような状態だったのであまり気付かなかった(いや、「ちょっといつもと様子が違うな」と感じることはあった)のですが、新年に入ってから肌の調子が比較的良かったことが、それをより際立たせ、気付くこととなったわけです。
右下のニキビにはあまり関係無いと思いますが、左の口角付近のニキビの周辺には、前日に「えっ!いきなり?」というくらいの角質剥がれが生じたのです(ちょっと大げさ)。その後、焦ってワセリンをたっぷり塗りつけたことも原因かもしれません(むしろソチラのほうが・・・)。
まあ、そうなったからと言ってどうすることも出来ませんけどね。つまり、肌荒れにならないような肌を作るしかないのです。

最近の強烈な寒さにより、肌が再び後退局面へと突入していることもあると思います。
1月は、“30分間ノーケアトレーニング”なども取り入れて、脱ワセリンへと舵を切ろうと思っていたところですが、無理は禁物ですね。
しばらく“30分間ノーケアトレーニング”は禁止にして、様子を見守っていきたいと思います。

2010年01月09日の膿面 ~新年初膿面~

2010年01月09日の膿面

新年初膿面となります。
前回の更新が去年の12月21日だったので、それなりに時間があいていますね・・・。

この間、ワセリンべったり塗りまくりケアを行っていました。
気温の低い日が続いたためか、皮脂詰まり・角栓の成長度合いも小さく、なんと7、8日間のクレンジング洗顔の封印に成功しました!そのかわり、洗顔時間をおよそ40秒ほどにしました。それでも醜い角質剥がれ・粉吹きは起きなかったので、角質が育ってきているのではないかと実感しております。

そして、肝心のニキビはというと、年が明けてから吹き出物級の悪質なあごニキビはまだ一個も出来ていません!!!
軽度の(痛さのない)化膿ニキビはちらほらと出来てはいました。ニキビらしいニキビです。可愛らしい可愛らしい♪
しかし、油断は出来ません。以前も、小康状態から一気に大爆発!なんてことはありましたから。
気温が上がったときが怖いです・・・(今日もちょっと暖かめだった)。

そして、知らず知らずのうちにおでこはかなり良好な状態になっていました。多少つぶつぶ感はありますし、皮脂詰まり・角栓もありますが、ここ10年くらいはこのような状態を見たことがなかったような・・・。
コチラも気温が高くなったときにどうなるかが気になるところ。

一応、新年のスキンケア・スケジュールなるものを立ててみました。
春、本格的に暖かくなるまでに脱ワセリンを軟着陸させることが当面の目的です。暖かくなってからもワセリンべったりなんて、恐ろしくてできません!
ニキビは、今年中に半減することが目標です。ニキビ痕や毛穴は来年になるでしょう。がんばりますよ!




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。