ニキビ肌改善のための基本三ヶ条(適宜変更)

  1. ニキビに必要以上に触らない
  2. ニキビを気にし過ぎない(ストレスを溜めない)
  3. 洗い過ぎない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人ニキビが治りにくい(完治しにくい)5つの理由

年の瀬に、少し真面目に書いてみようと思います。(これが今年最後の更新になるかも???それくらいの勢いでw)
状況観察だけではいけませんからね~。

前回、大人ニキビに関してメモしました。 大人ニキビってすごい治りにくいイメージがありますよね。事実、そうなんですけど...。
そこで、なぜ、大人ニキビが慢性化して治りにくいのか、その理由に迫ってみたいと思います。

※ここで書くことは、あくまでノヴィオが個人的に思っていることなので、人によっては「それは違うんじゃないの?」ということもあるかもしれません。その場合はご了承くださいね。

① 慢性的な肌荒れ・角質の乱れの改善が難しい
個人的な経験から言わせてもらえば、ニキビと肌荒れ・角質の乱れは密接な関係にあると感じています。
何らかの理由で角質が乱れると、確実に皮脂が毛穴に詰まりやすくなります。そして、皮脂汚れも落ちにくくなります。それをアクネ菌がパクパクして...という流れですね。
季節的な肌荒れや角質の乱れであれば、少し時間を置けばいつの間にか治ってしまったりするのであまり問題は無いと思いますが、長年に渡る悪しきスキンケアによって導かれる角質崩壊・乱れは、他の肌トラブルも呼び込んでしまってるためか、なかなか良くならない!もうこれは痛いほど感じています。
角質の乱れを改善するのに時間がかかるから、ニキビの出来ない安定した状態にはなかなかなれない、という説。

スポンサーサイト

2010年を振り返る

今年もニキビと戦った一年でした。
結果、やはりニキビを撲滅することは出来ませんでした。情けないことです。
多分、あと3年くらいはかかるような気がしています。というよりは永遠に・・・でも、まったくニキビが出来ないという人はあまりいないと思うので、ある程度安定してきたら撲滅できたと思っても良いでしょう。それでも、まだまだ道は険しいです。

2010年下半期 ニキビ写真集

2010年ももう終わりということで、やはりブログを飾った衝撃のニキビ達を振り返っておかねばなるまい!ということで「2010年下半期 ニキビ写真集」をお送りします。

2010年06月28日 口角に出来た黄ニキビ

2010年06月28日「脱ワセリンはじめました☆
このエントリーでは「今年最大級!」と豪語していますが、多分これを超えるニキビが後にいくつか発生しているはず・・・w

2010年12月23日の膿面さん。

今日は、アゴに二箇所、小ぶりながらも破壊力がありそうな(チクチク痛い)ニキビと、鼻の頭にあった炎症から膿が浮き上がってきました。
鼻の頭のほうは、幸いにもそれほど大事にはならなかったので良かった・・・。

2010年12月23日の膿面

しかし、ほうれい線付近に痒みが出たため、明日あたり脂漏性皮膚炎発症の恐れありです!
パン類を無茶食いしたのでバチがあたったんだぁっ!?無茶食いしたい時も、あるよね???

ニキビのシグナル「痒み型」「痛み型」「MIX型」あなたはどれですか?

最近ど~も、アゴ近辺がムズムズしています。ノヴィオです。
「痒み型」「痛み型」そしてそのどちらも併発する「MIX型」ニキビの成長を知らせてくれるシグナルは、おおよそこの三つに集約されると思いますが、最近はもっぱらの「痒み型」。

2010年12月21日の膿面

アゴのニキビは「痒み型」で、しかもかなり広範囲にわたって炎症が確認されました。今は炎症は収まって膿が浮きあがってきていますが、痒みは残ったまま・・・。
口の周りにも、何か嫌な感じがしていますが、放っておきましょう・・・。

その他のニキビはというと、気になるのは小鼻の炎症かな?
あとね~肩にも出来ています!なしてこんな所に???

ニキビの芯が飛び出た黄ニキビ

昨日チェックしておいた赤ニキビが早速 黄ニキビへと変貌を遂げましたので、現況報告。成長が早い早い!

ニキビの芯が飛び出た黄ニキビの写真・画像

黄ニキビというのは、(僕の場合は)だいたいニキビの芯(皮脂詰まり)が中央部に申し訳なさそうに存在しているものですが、今回のはちょっと存在感が大きかったです。
ニキビの芯の周囲が破裂して、そこから化膿が飛び出て固まっています。
ニキビの芯はちょっとわかりにくいけど、若干酸化して黒ずんでいました。こんなのが毛穴に詰まってるんだから。そりゃあアクネ菌も活発化するわな・・・。
このニキビの芯、取りたい衝動に駆られるんですけど、そこはガマンガマン!(洗顔のときに取れると思うけど)

唇の境目に出来ていた赤ニキビは、停滞しているというか、炎症が消えていっています。シコリと痛みが引いてる・・・。
それもまた怖いですよね~。

炎症系。

今日は暖かいですね~。暖房を入れると、軽く汗ばむくらいです。皮脂が湧き出てきそうですw
角質崩壊記念、「お菓子の食べすぎ・暴飲暴食を禁じます」』で設定したことを、どうにかこうにか続けている今日この頃。
その甲斐あってか、お肌の状態がやっと落ち着いてきたかなぁ...と思うのですが、毛穴はやっぱりまだまだ詰まる~ということで、本日の膿面さん。

2010年12月18日の膿面

あっ!額のニキビを消すの忘れた!
小鼻にいくつか小さな黄ニキビが出来ています。
今日の汚写真は口の下の炎症。

大人ニキビとその原因

身内に不幸がありまして、更新が滞っております。(まあ、いつものことですけど~)
皆様も健康には気をつけてくださいね~。

というわけで、唐突にニキビネタ。
前回は思春期ニキビに関してメモしましたが、今回は“大人ニキビ”に関してメモしていきたいと思います。

で、大人ニキビとはなんぞや?っていうわけですが、大人ニキビ=(イコール)吹き出物のことなんですね。ほら、「二十歳過ぎたら吹き出物・・・」って良く言いますよね?(本当は二十歳過ぎようが過ぎまいがニキビはニキビなんですけどね)
なぜ分けて言うのか?大人になってできるニキビというのは、体調管理や肌管理がきちんと出来ていないということの現れととられ、多少ネガティブなニュアンスを含ませているのではないかと勝手に推測しているのですが、どうでしょう?
まあ、そんなことはどうでもいいのです(爆)。

話を元に戻しまして・・・(汗)、大人ニキビの原因に関して考察してみましょう。
大人ニキビは様々な要因が複雑に絡み合っていることが多いです。なのでなかなか完治しない・・・。
いくつか考えられることを挙げてみましょう。




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。