ニキビ肌改善のための基本三ヶ条(適宜変更)

  1. ニキビに必要以上に触らない
  2. ニキビを気にし過ぎない(ストレスを溜めない)
  3. 洗い過ぎない

思春期ニキビとその原因

思春期ニキビとは...青春の勲章、青春の一ページ。人生の坂道をコロコロと転げ落ちていくしかないノヴィオにとっては、切なくも甘い響き...。
今日は、思春期真っ只中の皆様にとっては非常に悩ましい肌トラブルである“思春期ニキビ”に関してメモしておこうと思います。

思春期ニキビの原因には、この時期特有のホルモンバランスという逃れられない生理現象からくる「皮脂の過剰な分泌」があげられます。これが主犯といっても過言ではない...かもしれない???

皮脂の過剰な分泌というのは、ワタクシのように大人になってからも悩まされている人間は多くいますが、それは例えば脂っこいものを食べ過ぎたり炭水化物をとり過ぎたり、日々のスキンケアの手法が不味かったり、極論を言えば体質であったりするわけです。
思春期であっても、これらのことが原因となる場合もあるでしょうが、今回はホルモンバランスとニキビの関係性が焦点なので、軽く流しておきますw

思春期に入ると、アンドロゲン(男性ホルモン)が多く分泌されます。ここら辺のことは、保険体育の授業でも講義されるのではないでしょうか?
アントロゲンは、男性に多く分泌されるホルモンなので“男性ホルモン”と呼ばれていますが、女性も分泌されます。
このアントロゲンですが、皮脂の分泌に大きな影響を及ぼします。分泌されたアントロゲンが皮脂腺に働きかけて...という難しいお話になってくるので詳しくは割愛させていただきます(調べるのが面倒くさくなっただけw)。
一般的に男性の方がアブラギッシュ(皮脂が多い)と言われているのはこういうことからなのですね。
で、皮脂の分泌が多くなると、当然のことながら皮脂が毛穴に詰まるリスクが高まります。
皮脂が毛穴に詰まると、(微小面ぽう ≫ )白ニキビ(閉鎖面ぽう) ≫ 赤ニキビ(炎症状態) ≫ 黄ニキビ(化膿状態)...という風に、お決まり流れに突入するわけです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ
Comment