ニキビ肌改善のための基本三ヶ条(適宜変更)

  1. ニキビに必要以上に触らない
  2. ニキビを気にし過ぎない(ストレスを溜めない)
  3. 洗い過ぎない

2009年11月16日の膿面 ~再び暗雲立ち込めるアゴ~

2009年11月16日の膿面

グッと気温が下がってきましたね。明日はもっと寒くなるらしいです。
そして、白色ワセリンによる保護ケアを始めて以来、比較的小康状態を保っていた(そこまでな感じもしますがw)アゴにも異変が・・・!!!
とりあえず、痛さのある炎症範囲の大きいにきびが一個できて、今日散りました。
しかしそれだけでは飽き足らず、怪しげな痛みを持った新たな炎症部分がなんと三つも!
だいたいこういうときは、周囲の肌も荒れ気味で皮脂詰まりや角栓もピンピンと毛穴から飛び出しているのです。
あまりにもブルー&苛立ってしまったので、爪で挟んで何本か抜き取ってしまいました・・・後悔!

とりあえず、冷静に炎症大量発生の理由を考えてみましょう。いずれ役に立つ日がくる・・・かも?
1.まず、急激な気温の変化が肌、特に育ちレベルの低いアゴの皮膚に刺激を与えたのではないか?
2.休日、チョコレートやおかきなどをいつもより多く摂取したことが皮脂の分泌を促進したのではないか?
3.昨日(日曜日)、缶コーヒーを一本飲んだことによって皮脂の分泌を促進したのではないか?(微糖ですけど・・・)
4.最近便秘がちである
5.化粧水による保湿のレベルを下げていたため、肌が固い状態にあったことによって、皮脂が毛穴に滞ったのではないか?
このように、まあいろいろと出てくるわけですが・・・。
でも、一気にこのような状態にあるということは、何かしらのトリガーが絶対あるはず!
それがわかれば苦労しないか・・・。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ
Comment