ニキビ肌改善のための基本三ヶ条(適宜変更)

  1. ニキビに必要以上に触らない
  2. ニキビを気にし過ぎない(ストレスを溜めない)
  3. 洗い過ぎない

2015年のニキビ総括

今年のニキビ事情を振り返ります。

今年も・・・ニキビ撲滅するには至りませんでした・・・。
ナニをもって撲滅というのか?というのもありますが、
まあ完全なる撲滅などというものは有り得ないわけでして・・・せめて季節の変化時やストレスが溜まった時、食生活が乱れた時にポツポツと出きるくらいのことは誰にでも経験があることだと思います。
そのレベルにまで発生頻度が落ちてくれれば!撲滅と言ってもいいでしょう。
しかし!今は頻度・程度共に減少傾向にあるものの、やはり普通の感覚からすればまだまだ出来まくってるほうなので・・・。
まだまだ先は長そうですね。

部位別に見ると、まず額ですね。額はプツプツ白ニキビ多発地帯だったのですがかなり減ってきました。赤ニキビ・黄ニキビの発生頻度もかなり減っているので一番改善傾向が見られるポイントでしょう。

T字エリアや上頬のディープ毛穴・脂ダダ漏れエリアは、発生頻度は少なくなってきていますが、時々悪性度の高い重症ニキビが発生します。
拡がりまくった毛穴のケアも考慮に入れながら対策していかなければならないポイントでしょう。

そして口下~アゴエリア。ココはまだまだ不安定なんです。
しばらく出来ない期間があってみたりいきなり湧いてみたり・・・。
元々、超頻発エリアでしたから、それに比べたら若干頻度・程度は落ち着きましたが、まだまだ予断を許さぬエリアでございます。
ただ、肌荒れ・落屑は最近程度が落ち着いてきてるので、今はひたすら耐えて角質保護に集中すべきでしょう。
度重なる重症ニキビ発生によって毛穴の形状も複雑化しているでしょうし、一筋縄にはいかないと思いますが、 根気強く頑張っていこうと思います。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ
Comment