ニキビ肌改善のための基本三ヶ条(適宜変更)

  1. ニキビに必要以上に触らない
  2. ニキビを気にし過ぎない(ストレスを溜めない)
  3. 洗い過ぎない

2009年12月21日の膿面 ~冬になってもアゴにきび衰えず~

2009年12月21日の膿面

最近寒い日が続きますが、ニキビはそんなこと構わず出来まくっております!
寒くなったら減ると思っていたのに。

今回はある程度原因がわかります。スキンケアの方法に問題があるのだと思います。
今現在のスキンケアは、顔全体化粧水はせず白色ワセリンをたっぷりと塗って保護ケア、そしてリセットはここ一週間くらい行っていません。
化粧水をつけないということは、肌の硬さを招き皮脂の正常な分泌を妨げます。さらに、白色ワセリンをたっぷり目に塗っているということは、毛穴をある程度閉じて皮脂の分泌の阻害要因となってしまっているわけです。
さらにさらに、リセットを行っていないということは、皮脂詰まりや角栓は溜まりっぱなし。
小鼻の周りは太い突起物がビッシリ。上頬は白いプツプツまみれ。アゴは、“かぶの葉”の表面のように、白く細い刺々がいっぱい!ムズムズ痒みも増えてきました~。
これでニキビが出来ないわけがない!

しかし、悪いことだけではないのです。角質剥がれはかなり減りました。この時期でこのレベルの角質剥がれで済んでいるのは奇跡としか言いようがないくらい!洗顔後のツッパリ感も、この時期としては許容範囲です。
“アチラを立てればコチラがたたず”ですね。どちらもたってくれるように祈るばかり。
明日あたり、クレンジングでリセットしようと思います。角質剥がれはどうなるかな~?不安☆


人気ブログランキングへ にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ
Comment