ニキビ肌改善のための基本三ヶ条(適宜変更)

  1. ニキビに必要以上に触らない
  2. ニキビを気にし過ぎない(ストレスを溜めない)
  3. 洗い過ぎない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ

洗い過ぎによるダメージ>酸化によるダメージ?

何と今日は化膿部分が一箇所!こういう状況は久々過ぎて泣ける...。

2010年03月07日の膿面

しかし、怪しげな痛みが鼻のキワと唇の縁に出来ています。
おでこは、痛みのほとんどない炎症がポツリポツリ出来ています。

実は前回の更新の後、再びスキンケア方法の見直しを行いました。洗顔方法を見直しただけなんですけどネ。
ケアに使っている白色ワセリンは、普通の保湿クリームなどと比べて落ちにくいというイメージがあり(実際落ちにくいんですけどねw)、それが洗顔時間を長くする要因となっていたのでしょうね。最近40秒くらいかけてたし力入れてたし(苦)。
これじゃぁいけないよね~ということで、「洗顔時間は20秒~25秒くらいに短縮」し、そして「洗い残しが多少あっても可」としました。少々べたつきが残っているくらいで手を打ちましょう、ということです。精神衛生上よろしくはないんですけどね~。
ここで気になるのは「酸化によるダメージ」ですが、現時点での感触としては、「酸化よりも洗い過ぎのほうが肌に与えるダメージが大きいのではないか?」ということ。(生活スタイルにもよると思います。紫外線を多く浴びるような仕事をされている方は逆となる可能性もあります)
暖かかったせいもあるのか、肌荒れ角質剥がれが減ったような気がします。(皮脂詰まり、角栓は凄いですけどw)勿論、まだ油断はできませんけどね!
白色ワセリンをべったりと塗ったからといってニキビが多発するということはほとんど無いので(僕だけかもしれませんが)、少々の酸化ダメージには目もくれず、肌が荒れることによって外部からの刺激を受けやすい状態を作らないことに注力すべし!ということです。
更に、クレンジング剤によるマッサージ洗顔も封印しました。クレンジング剤によるマッサージ洗顔は皮脂詰まり、角栓を取り去る際に角質をごっそりともっていきますので、いつまでたっても乾燥から逃れることができません。
いろいろと勉強して、皮脂詰まり、角栓などの毛穴の汚れを取り去ることがニキビ改善の近道ではないということは理解していたつもりだけど...やはり見た目も汚いし、「週に一度くらいならイイか」て感じで行ってしまいますね。
反省し、とにかく肌に余計な刺激を与えることは厳禁!皮脂詰まり、角栓は汚いけれど大切に育てていきます!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ
Comment

    

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。