ニキビ肌改善のための基本三ヶ条(適宜変更)

  1. ニキビに必要以上に触らない
  2. ニキビを気にし過ぎない(ストレスを溜めない)
  3. 洗い過ぎない

ちょっと肌寒いくらいが肌にとっては丁度良いかも?

もう4月というのに、気温の低い日が続いています。
肌にとっては、実はこれぐらいの気温が一番適しているのではないかと思っています。(僕にとっては)
保湿を強化してもあまり問題が発生しないので、思う存分白色ワセリン塗りたくることが出来ますからねっ!

2010年03月25日の膿面

前回の超大型トリプルニキビは翌日には散り去り、きっちりと紅いシミをつけてくれました!ムキーーーッ!せっかく、こういった炎症痛ニキビが減ってきて、今までのニキビ焼けもほんのり薄くなってきていた矢先に!
こういうニキビが出来ると同種のニキビが雨後のタケノコのようにボコボコと発生するのが通例だったのですが、今回はほとんど出来なかったですね。やはり角質が成長してるのかっ!?良い兆候です。

一方、小さいニキビがちらほらと出来ています。こちらはニキビというよりは毛包炎(毛嚢炎)のような感じなので、乾燥由来ではなく汚れ由来でしょうか?
今はまだ気温が低いのでそこまで危惧していませんが、突然暖かくなろうものなら!汗ばむくらいの気温になったら要注意ですね。 暖かくなってからの保湿ケアのテーマは、「保湿はほどほどに、通気性を確保し清潔な状態を保つ」だっ!脱・白色ワセリンに向けてガンバローッ!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ
Comment