ニキビ肌改善のための基本三ヶ条(適宜変更)

  1. ニキビに必要以上に触らない
  2. ニキビを気にし過ぎない(ストレスを溜めない)
  3. 洗い過ぎない

面皰って知ってますか?

最近少しずつ暖かくなってきていますね。しかし、晴れ間がほんとに少ない。
紫外線や湿度の面から、天気が崩れがちの方がうれしかったのですが、ここまでくると・・・。

2010年04月21日の膿面

週末あたりからこれといったニキビは出来ていません。
肌荒れ気味の部分やニキビによって損傷を受けた部分には白色ワセリンを少したっぷりめに塗ってあげることにしています。それが良かったのかもしれません。
ただ、頬のA部分に怪しげな炎症と痛みがあるかな?これは確実にニキビへと発展するでしょう。こんな部分に珍しい・・・。
ニキビが減少したかわりに、毛包炎(毛嚢炎)が出来る始末。大きさは1mm弱から強まで。炎症部分は膿疱を縁取るくらいしかないので楽勝ですが、量がニキビより多くなるので気持ち悪いですね。アチラをたてればなんとやらですよ。

それと、ちょーっと炎症が増えました。ニキビや毛包炎(毛嚢炎)による炎症ではなくて、物理刺激による炎症のような・・・。
なんかね~、これは以前からなんですけど、寝ている間に皮脂詰まりが毛穴から無理矢理押し出されているのか、不可解な傷があるんですよ。洗顔するとピリッてするし。
やはり、湿度の高い日の白色ワセリンベッタリは、いくつかの問題もはらんでいるようです。ここら辺の舵取りが難しくなってくる季節でもあります。

そして、最近恒例になっている今日のお写真を。
今日の写真は“面皰”です。

2010年04月21日の面皰 2010年04月21日の面皰 アップ

見えにくいのでクリックしてアップにしてみてください。それでも携帯写真なんで見えにくいと思いますが・・・。“プツッ”てなっているのがわかるでしょうか?それが“面皰”です。
面皰”って知ってます?ニキビの前症状のようなヤツですね。以前はおでこにいっぱい出来ていたのですが、最近はかなり量が減ってきたため、貴重な面皰となっています。
毛穴は閉じていて、その下に皮脂の塊がたまっているため、このように“プツッ”てなるんです。これが炎症を起こし始めると本格的なニキビへと発展します。
いつか、面皰に関してもメモっておこうと思います。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ
Comment