ニキビ肌改善のための基本三ヶ条(適宜変更)

  1. ニキビに必要以上に触らない
  2. ニキビを気にし過ぎない(ストレスを溜めない)
  3. 洗い過ぎない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ

30分間ノーケアトレーニングのススメ

もうはや6月!梅雨の季節ですよ~。ノヴィオは脱ワセリンに向けて、いろいろと策を練っております。
最近は洗顔後に30分間ノーケアトレーニングを取り入れています。
口の周りは悪質なニキビとの戦いによるダメージが激しくまだまだ不安定な感じなんですけど、それ以外の部分はなんとかいけるんじゃないか?といった感じ。もうちょっと湿度が高くなれば脱ワセリンは加速するのではないかと思っております。

2010年06月01日の膿面

さて、肝心のニキビのほうなんですが、最近どうも自慢できるようなニキビが出来ないんですよね~。非常にうれしいことなんですが、ネタがないっていうのも寂しい感じがしつつ・・・。
しかし、油断していると3個同時にきたりしますから油断はできません。

最近のニキビは、Tゾーンや頬などの毛穴がぱっくりとひらいちゃっている部分に出来る比較的小さなニキビがトレンドです。
今日は、このようなニキビに関してちょっと語ってみようと思います。

このようなニキビは、小さいので一つ一つはそれほど目立たないのですが、数が多かったりするのがうっとうしいですね。

Tゾーンや頬などの毛穴がぱっくりとひらいちゃっている部分に出来るニキビは、「気温が高くなるとそれに伴って皮脂の分泌量が増える→それが毛穴の入り口付近で滞って固まってしまう→炎症→ニキビ」という感じで続発するものだと感じています。
それを防ぐには、日々毛穴の入り口付近に蓄積されていく酸化汚れを、3日に一度ほどクレンジング剤で優しくマッサージすることによって浮かび上がらせて除去することによって解決されるのでは?と考えています。
このときに毛穴の詰まりを根こそぎ落としてしまうようなことはNG。急激に落とそうとすると角質までもっていってしまう可能性がありますから、あくまで“ニキビに発展しないレベルにまで毛穴の詰まりを減じよう”という視点が大切かも。

気温が高く、湿度が高くなってくるこの時期は、角質を育てるには絶好の季節です。
少しでも炎症やニキビを減じる手立てを!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ
Comment

    
  • No Title

    とにかく、ゴリゴリ洗わないと、と思っていましたが、少し、放っておくというのも大事なんですね。目から鱗です。

  • Re: No Title

    > にきびママさん

    コメントありがとうございます~☆

    最近では、ニキビ肌にとっては脱脂力の強い洗顔やクレンジングはNGというのが主流になりつつあるという印象ですね。

    ただ、個人差があることですから、自分なりに程度をアレンジしていくことが重要になってくるかもしれませんね~。


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。