ニキビ肌改善のための基本三ヶ条(適宜変更)

  1. ニキビに必要以上に触らない
  2. ニキビを気にし過ぎない(ストレスを溜めない)
  3. 洗い過ぎない

赤ニキビ(別称 炎症ニキビ)

赤ニキビは、別名というか別称 炎症ニキビとも言ったりするかな?
丘疹、そして赤みを帯びた炎症が生じている状態のことを言います。痛いです。
僕の口の周りに出来た憎き赤ニキビの写真を見てみましょう!

赤ニキビの写真
クリックするとより大きな画像で表示されます。ご注意を!

この写真は「赤ニキビ(炎症ニキビ)の写真・画像」にて掲載していたものです。
僕の場合は、局所的な痒みが生じてからこのような赤い炎症状態になる場合が多いです。
痛みは、大きいものから小さいものまで様々。腫れ方や炎症の範囲も様々です。(広範囲に渡ってぶっくりと腫れまくったこともあり!)

開放面皰(面ぽう)(別名 黒ニキビ)

最近気温が下がってきたためか、肌が乾燥して荒れまくっております!
今年の冬は白色ワセリンのお世話にはなりたくなかったのですが、多分今年も使いまくるね。ウツだぁ~っ!

さて、ニキビのお話。
前回メモした「閉鎖面皰(面ぽう)(別名 白ニキビ)」から進展するであろう二つの可能性のうちのひとつが、今回紹介する「開放面皰(面ぽう)」です。
開放面皰は別名 黒ニキビ と言います。
まずは、“らしい”写真を見てみましょう。

額に出来た開放面皰のようなものの写真
クリックするとより大きな画像で表示されます。ご注意を!

閉鎖面皰(面ぽう)(別名 白ニキビ)

前回は「微小面皰(面ぽう)」に関してメモしました。
それは上手い具合に中の皮脂詰まり(コメド)が排出されることもあるだろうし、逆に皮脂が溜まり続けて成長する可能性もあります。
成長すると、目に見える形となって皮膚表面にあらわれます。それが「閉鎖面皰(面ぽう)」です。
閉鎖面皰は別名 白ニキビとも言います。(皮膚が盛り上がることにより皮膚が突っ張り、中のコメドが白く透けて見えるので“白ニキビ”と言うのかな?)
普通、化膿したニキビのほうを白ニキビと言いそうですが、アチラは“黄ニキビ”といいます。化膿は微妙に黄みがかっていますからね。間違えないように!

まずは閉鎖面皰(白ニキビ)の写真を見てもらいましょう。
左から
 頬骨付近
 頬骨付近のアップ
 額の頭髪の生え際付近(僕の場合、この部分に良く発生します)
となっています。

頬骨付近に出来た閉鎖面皰(白ニキビ)の写真 頬骨付近に出来た閉鎖面皰(白ニキビ)のアップの写真 額の頭髪の生え際付近に出来た閉鎖面皰(白ニキビ)の写真
クリックするとより大きな画像で表示されます。ご注意を!

微小面皰(面ぽう)

ここ2、3日調子が良かったのですが、今日はすごく調子が悪い!
ニキビというよりも脂漏性皮膚炎がひどくて、小鼻の周辺が炎症を起こしていて痒いです。ニキビも出来かけなのが何個があるんですけどね...。
原因は、昨日缶コーヒーを二本飲んだことかな!?微糖ですけど。

近況報告はこれくらいにしておいて...と。
今日から、ちょっとずつニキビに関するメモを蓄積していこうと思います。日記だけでは芸がありませんからね~。
今回は、ニキビの初期段階とも言える「微小面皰(面ぽう)」に関してメモしようと思います。